海外旅行では人はお金を使う

海外旅行に行くとなるとお金を使ってしまうという事はほとんどの人が体験をしている事でしょう。海外旅行でお金をケチるということになれば、何のための旅行なのかという事もありますし、滅多に出来る事ではないので此処で使わなければ損だというような考え方もそれを後押しするという事になるのかもしれません。

人はこうした滅多に出来ない経験は貴重なモノと考えますから、それにはお金を惜しむべきではないという事も言えるのかもしれない。ですが、この考え方は最近では見直されるところもあるよすで、海外旅行はいくものでは無く、利用するものという事がこれからの日本人には必要とされるのかもしれません。

というのは、日本は観光立国を目指しているわけですから、海外旅行者を呼び込むという事をこれからしていく事は間違いありません。となると海外の事を知っておくという意味でも海外旅行は重要となるという事が考えられない事ではありませんでしたが、海外からの旅行者は日本を見に来るわけですから、別にこれに意味があるわけでは無いという事も分かるはずです。つまり、グローバル化がそのまま海外に出ていく事の必要性につながる事では無いという事を考えておく必要があります。

そして、今はネット社会となり海外の情報を獲得したいのであればネットがあれば事足りるというような事になっています。現地に行くよりもむしろネットの方がより多くの情報を獲得することが出来るという事が言えるのかもしれませんから、そうなるともう海外に行くというような事はビジネスでは意味が無くなってしまっているという事になっているのかもしれません。最近では役所の職員が姉妹都市の海外先に行って遊ぶだけ遊んで帰ってくるという事が度々問題となりますが、これも今の時代を考えれば必要ないという事が明白なので問題となるという事でしょう。

飛行機

基本的に海外に行ってしまうと仕事で行っている場合を除いて、まず正常な日常感覚で過ごすことは出来ません。相手先は珍しい人が来たという事で歓迎してくれるでしょうし、こちらはもう旅行気分で行っていますから両方とも合意したようなもので、一気にお祭りムードになってしまうという事になります。基本的に仕事で海外に行く以外は視察であれなんであれ、気分は舞い上がっているわけですから、正常な判断が出来るような状態ではなくなっているという事になります。お金は湯水のように使ってしまいますし、そのためこれがさらに観光ムードに輪をかけるという事にもなっていきます。

日本が観光立国を目指しているのも、この海外からのお金を狙っているという事は間違いありません。海外の人が日本に来た場合でも当然同じように旅行気分で来るわけですから、様々な所でお金を落としていくことになります。その経済効果というものはとんでもないものとなるでしょうから、これによって日本がかつてのような経済大国となるという事も考えられない事ではありません。何しろ旅行者はドル箱のような存在ですから、日本という珍しい国を見れば、さまざまな経済活動をする事になるでしょう。飲んで食べて、遊んでと様々な方法で日本の旅を謳歌するという事になっていきます。

ここで日本が考えておかなければならないのは、ギリシャの二の舞いとはならないようにすべきという事でしょう。ギリシャは観光立国になったことで、今の低迷を招いたという事が言えなくもありません。公務員は仕事をしなくなり、ただ観光客が来ることだけを願って過去の遺産を見せるという事だけをしたのでギリシャは没落したという事です。日本も今は過去の偉人たちの遺跡を見せるだけという極めてギリシャに近い観光方法をしているので、これに倣ってしまう可能性が極めて高いという事があります。

米国などの観光地はさまざまなリゾート施設を造り、観光業を成り立たせるというビジネスをしているので、それが比較的継続性をもって持続できるという事になっています。このように観光をビジネスにするという事を日本も考えていく必要があるわけです。確かに今は見るものが多々あるので日本に多くの観光客が来てくれるという事が起きていますが、今のままでは当然飽きられるということが分かっています。

政府はカジノを含むリゾート開発という考え方を打ち出していてビジネスとして観光業を成り立たせるという事を考えているようですから、これはいい方向性というように考えて良いかも知れません。カジノで財布のひもを緩ませるというのも一つの考え方としてはありでしょう。今までしてこなかったのが問題だったといっても良いぐらいです。海外では様々な事をしたいと観光客は考えているはずですから、その選択肢を自ら少なくするというような事をわざわざする必要はありません。これはいいけどこれは駄目というようにしてしまって自ら経済が低迷してしまうような事を選択する必要は無いのです。